腰のヘルニア・坐骨神経痛

  • 座っていても腰が痛くつらい
  • 最近足の感覚が鈍い
  • 足にしびれが出る
  • レントゲンでヘルニアがあると言われたがどう対処したらよいか分からない
  • おしりまで痛みがくる

ヘルニア・坐骨神経痛は、放っておくと最悪の場合手術をしないといけなくなる場合があります。しかし、手術をしたからと言って100%回復するわけではありません。再発する可能性もあります。

ヘルニア・坐骨神経痛はひどくなる前の対処が大切です。

痛み止めではその場の痛みは軽くなりますが、身体の状態は進行していっています。そのため痛み止めを飲んでいると対処が遅れる場合があるので要注意です!

(院長:宮田 絵里奈)

 

ヘルニア・坐骨神経痛って何?

ヘルニア=腰痛と思われている方が多くいますが、本当のヘルニアの場合は力が入りくい、しびれなどの神経障害も一緒に起こることが多いです。

日本整形外科学会と日本腰痛学会がまとめたデータによると、85%の腰痛は原因不明といわれています。【ヘルニアが原因の腰痛の方】は実はたったの5%と言われています。逆に画像データではヘルニアが見つかっても、腰が痛くない人も76%程度いるといわれています。

なので【ヘルニア=腰痛】とは限りません。ヘルニアと言われても、腰痛回復をあきらめないでくださいね!

ここでは腰だけではなく、足先にまで痛みやしびれが広がる腰椎椎間板ヘルニアについて詳しくお話しします。

 腰椎椎間板ヘルニアとは 

背骨の腰のところの骨と骨の間でクッションの役割をしている軟骨(椎間板)の中にある髄核というものが外に飛び出してしまった状態です。これが飛び出ることで、神経が圧迫されることにより脚の痛みやしびれ、ひどい場合には感覚障害になってしまう方もいます。

 坐骨神経痛とは 

腰から足にかけて伸びている坐骨神経痛が何らかの影響で圧迫されることによりおこる腰痛や足のしびれを坐骨神経痛といいます。梨状筋という筋肉が硬くなり神経を圧迫してしますことが多いです。ヘルニアや脊柱管狭窄症からくるものもあります。

お尻から足にかけて、電気が走るような痛みやしびれ・張り感や冷えなどをかんじることもあります。

なぜなるのか?

姿勢の悪さによっておこることが多いです。

よく骨や椎間板が老化することで起こるといわれます。もちろん、椎間板の水分は年齢とともに減少していきますが、年齢を重ねた方が全員おこるわけではありません。日頃の不良姿勢により負担をかけているために、骨と骨とのバランスが崩れ椎間板が飛び出やすくなっている方が多くいます。

しかし、よく言われている姿勢の良さは要注意です!背筋を伸ばして胸を張る姿勢は、背骨のS字のカーブを減少させて背骨にかかる負担を大きくさせている場合が多いのです。

人間の背骨は自然なS字のカーブがあることが大切です。

 姿勢を悪くする原因 

●デスクワークなど長時間座ることが多い方

●スポーツの癖で前重心の方

●姿勢を意識して腰を反っている方

●あっていない靴を履いている方など

ヘルニア・坐骨神経痛にならないために

●長時間座ることが多い方は、約1時間ごとに座り直しをして腰への負担を和らげる

●無理に姿勢を良くしようとしない(本当に良い姿勢をみにつける)

●腰を反らない(体重増加にともないお腹周りが大きくなる方は注意が必要です。お腹が大きくなることによりバランスをとるため反り腰傾向になるかたが多くいます。)

 椎間板ヘルニアといわれたら 

ヘルニアといわれてお薬や手術だけで対応しても、原因が解決できていないと一時的に痛みは回復したようにみえてもまた再発してしまう可能性があります。

背骨や骨盤を正常な位置に戻すことで大きく体の負担は変わってきます。

状態が重度の方は手術になる可能性もありますが、一度自分が今どの状態なのかをしっかり把握することが大切だと思います。

ヘルニア・坐骨神経痛対策

 姿勢・骨盤矯正 

身体のゆがみの原因、なぜ腰に負担がかかっているかを見極めその人に合った矯正を行います。姿勢がゆがむ原因が普段の歩き方から来る人もいれば、デスクワークの座り方による骨盤のゆがみの方もいらっしゃいます。

 生活習慣サポート 

普段の根本の原因は、やはり普段の生活からおこります。はぐくま整骨院では、普段の立ち方・座り方はもちろん必要な方には靴の選び方のお話もさせてもらいます。

 インナーマッスル強化 

現代人は車生活やライフスタイルの変化などで身体を動かす習慣がかなり減ってきています。そのためインナーマッスルが衰え体幹が不安定になり反り腰が増強している方が多くいらっしゃいます。インナーマッスルを強化することで天然のコルセットが手に入り腰が安定しやすくまります。