腱鞘炎・ばね指

  • 手の指や手首を動かすと痛い
  • 最近手首が痛くて子供の抱っこが出来ない
  • はさみなど指を使う作業がつらい
  • 指を伸ばそうとすると弾ける感じがする
  • 指の曲げ伸ばしがスムーズにできない

腱鞘炎とばね指は違うものと考えられている方が多いですが、実はばね指は指の腱鞘炎なのです。腱鞘炎とは、関節を曲げ伸ばしする際に必要な、腱を支える腱鞘と呼ばれる部分に炎症が起こることでなるといわれています。「腱鞘炎=手首」と思われている方も多いのですが、指にもおこります。ばね指は腱鞘炎がよりひどくなったものとイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。ひどい状態ですと回復までにかなり時間がかかりますので、早めにケアをしてあげると回復も早くなります。

(院長:宮田 絵里奈)

腱鞘炎・ばね指はなぜなるの?

繰り返し指先を使う仕事をしている人がなりやすいですが、最近ではパソコン・スマホ・ゲーム機などを長時間使用することでなるかたもみられます。また、妊娠中・産後の女性や更年期の女性もなりやすいです。ただし、手を酷使したとしても日ごろの体の使い方などにより同じ仕事量をしても腱鞘炎にならない方はたくさんいます。一番は日ごろの体の使い方や、筋肉の柔軟性が影響してくることが多いです。

【妊娠中・産後の女性】

出産のための準備として、筋肉や関節を和らげるホルモンがでます。そのため、この時期に手を酷使して負担をかけたり、赤ちゃんを抱える時に手首などに負担がかかり炎症が起きやすくなると言われています。

【更年期の女性】

女性ホルモンが減少することが原因とされています。エストロゲンという女性ホルモンは腱、腱鞘を柔らかくし弾力を保つ働きがあります。そのためホルモンが減少すると腱鞘の柔軟性の低下を招きやすく、今までと同じように手への負担をかけすぎていると、炎症しやすくなると言われています。

腱鞘炎・ばね指にならないためのケア

姿勢のケア

腱鞘炎・ばね指で姿勢?と思われる方もいらっしゃると思いますが、実は姿勢が大きく影響してきます。例えば同じお仕事や動作をしていても、同じお体のお悩みがない方もいらっしゃいますよね。それは、身体を上手く使えているかで変わることが多いのです。

指や手をスムーズに負担なく動かすためには肩甲骨や背中の筋肉も関係しています。姿勢が悪いことでその辺の筋肉を上手く使えていないと、指や手に直接ついている筋肉に負担がかかりそこが限界を超えると、筋肉が悲鳴をあげて痛みがでてしまうことが多いのです。

適度なストレッチ

手や指を使うお仕事の方は、長時間同じ姿勢でいることが多いと思います。長時間同じ姿勢でいると筋肉の柔軟性が悪くなったり、関節の可動域が悪くなったりします。そのため適度に体を動かしてあげることが大切です。※伸ばしすぎは注意です。適度にしてあげることが大切です。

生活習慣の見直し

指や手に不調が出る原因は、身体の使い方だけではないことが多いです。お水が不足しているために筋肉の質が悪くなったり、実は健康に良いと思っていたものが間違っていたりすることで血行が悪くなり痛みが出る場合もあります。

 

腱鞘炎・ばね指対策

姿勢骨盤矯正

なぜ手や指に負担がかかっているかを見極め、原因をさぐりその人に合った矯正を行います。姿勢がゆがむ原因が普段の歩き方から来る人もいれば、デスクワークの座り方による骨盤のゆがみの方もいらっしゃいます。

生活習慣アドバイス

 
普段の根本の原因は、やはり普段の生活からおこります。はぐくま整骨院では、普段の立ち方・座り方はもちろんのお話もさせてもらいます。

 

 
現代人は車生活やライフスタイルの変化などで身体を動かす習慣がかなり減ってきています。そのためインナーマッスルが衰え体幹が不安定になり反り腰が増強している方が多くいらっしゃいます。インナーマッスルを強化することで天然のコルセットが手に入り腰が安定しやすくまります。