脊柱管狭窄症

  • 腰から足にかけてしびれがある
  • 足やお尻にしびれが出て、将来が心配
  • 将来歩けなくなることが不安
  • 腰を丸めた姿勢でいると楽
  • 長時間歩けない

脊柱管狭窄症は、段階がありそのままにしておくと最悪の場合手術をしないといけなくなる場合があります。しかし、手術をしたからと言って100%回復するケースばかりではありません。脊柱管狭窄症はひどくなる前の対処が大切です。

脊柱管狭窄症と言われても、段階が進む前にまずはご自分の身体と向き合い自分がどの状態かを知ることが大切です。

(代表:宮田 恵一)

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症は、背骨の真ん中にある脊柱管(せきちゅうかん)が狭まり神経を圧迫することで痛みが起こると言われています。

脊柱管とは、背骨を形成している間にあります。
脊柱管は、それぞれの部分にある神経や血管を守る役割があります。

ここで脊柱管狭窄症のタイプをご紹介します。

1. 神経根型(しんけいこんがた)

腰~下股につながる神経が圧迫された状態を「神経根型脊柱管狭窄症」と言います。
圧迫されているところの方の腰~足までに痛みや痺れが起こり、ひどくなると長時間歩けなくなることもあります。

2. 馬尾型(ばびがた)脊柱管狭窄症

馬尾神経といって脊柱管の中を通っている脊髄神経が馬の尻尾のように分かれている部分の神経があります。場所的には、だいたい第1腰椎あたりからです。この神経が圧迫されて起こると両足の痺れが起こります。また、ひどい場合は、排尿・排便障害などを起こすこともあるので要注意!です。

3. 混合型脊柱管狭窄症

混合型脊柱管狭窄症とは、神経根型と馬尾神経型が混ざったタイプの脊柱管狭窄症です。
個人差はありますが、身体の状態も混合的に起こります。

混合型脊柱管狭窄症が起こる場所にも個人差があり、場所によって「首の脊柱管狭窄症」と「腰の脊柱管狭窄症」の2つに分けられます。

なぜ脊柱管狭窄症になるの?

 1姿勢の悪さ 

デスクワークが多かった人や、もともと姿勢が悪い人は要注意です。反り腰、ストレートネックが原因で背骨に歪みが生じて、脊柱管が狭くなることもあります。

脊柱管が狭くなると、真ん中を通っている神経を圧迫しやすくなります。若いころは筋肉で支えていたものが筋肉が低下することにより、本来の骨格の悪さが明るみに出てきます。普段から骨で立つことができていれば、年齢による不安も減少してくると思います。

不良姿勢は良くありませんが、よく言われている姿勢の良さは要注意です!背筋を伸ばして胸を張る姿勢は、背骨のS字のカーブを減少させて背骨にかかる負担を大きくさせている場合が多いのです。実は背骨がストレートになることが脊柱管狭窄症に影響していることも多いです。

人間の背骨は自然なS字のカーブがあることが大切です。

 姿勢を悪くする原因 

●デスクワーク・長距離など長時間座ることが多い方

●スポーツの癖で重心が前の方

●姿勢を意識して胸を張っている方

●あっていない靴を履いている方など

 2長期間のスポーツや無理な動作 

若い時に筋肉に頼ってハードなスポーツをしていたり、仕事や家事などで間違った身体の使い方をして無理な動作を続けていたことにより、骨格のバランスが崩れて脊柱管狭窄症が起こる場合もあります。50代くらいまでは症状が全く出なかったのに、60代になって急に発症するケースが多いです。

 3運動不足 

無理な運動をしすぎていてもダメですが、逆に運動不足が脊柱管狭窄症の原因になることもあります。若い時から運動をあまりしていない人は、関節が固くて可動域が狭くなっています。
インナーマッスルが低下すると骨盤が安定せずに背骨に負担がかかります。車移動の方は要注意です。将来脊柱管狭窄症にならないためにも、適度な運動が必要です。

 4すべり症 

過去にすべり症になったことで脊柱管狭窄症になるケースもあります。すべり症とは、ハードな運動や椎弓(背骨)の骨折、背骨の関節の変性などで、骨がずれる状態のことです。すべり症も姿勢や身体の使い方で起こるケースがあるのでそのままにして無理をしていると脊柱管狭窄症になる場合もあるので注意が必要です。

脊柱管狭窄症対策

 身体の不調をそのままにしない 

腰の痛みを繰り返している方は多くいると思いますが、こんなものかとだましだまし生活をしているとより深刻な状態になっていることが多いです。痛みがなくなる=治ったではありません。不調の原因をしっかり取り除くことが大切です。

 姿勢・骨盤矯正 

身体のゆがみの原因はどこからくるのか?なぜ腰に負担がかかっているか?を見極めその人に合った矯正を行います。姿勢がゆがむ原因は人それぞれです。人により普段の歩き方から来る人もいれば、デスクワークの座り方による骨盤のゆがみの方もいらっしゃいます。

 生活習慣サポート 

普段の根本の原因は、やはり普段の生活からおこります。私たちは、普段の立ち方・座り方はもちろんその人に合った様々な生活習慣のアドバイスをいたします。

 インナーマッスル強化 

現代人はインナーマッスルが衰え体幹が不安定になり反り腰が増強している方が多くいらっしゃいます。昔と比べると体を動かす機会が減ってきているため、現代人には運動習慣が必要です。インナーマッスルを強化することで天然のコルセットが手に入り腰が安定しやすくまります。