四十肩・五十肩

  • 服を着替えるときに肩が痛い
  • 肩がうずく痛みで毎晩、寝られない(夜間痛がある)
  • レントゲンや画像検査をして異常はないが動かすと痛みが出る
  • 注射やシップをして過ごしているが、痛みは良くならない
  • 後頭部に手が回らない

四十肩・五十肩をこのまま放っておくと・・・!

①肩の痛みが増すことが多いです。

②そのままにしておくと、石灰(カルシウム)が肩の関節に沈着する場合があります。

③石灰化すると⇒身体は異物を排除しようとして石灰を攻撃!炎症が起きてさらなる痛みが発生することがあります。

④身体は肩の痛みをかばって動くようになるため、やがて他の部分にも歪みや不調が生じることが多いです。

⑤最終的には、眠っている間にも痛みと戦うことになるため、寝不足になってしまい仕事や私生活に支障が出るという悪循環に陥ってしまう方が多くいます。

しかし、一番怖いことは・・・!!

機能制限拘縮から癒着を起こすことです。⇒肩に可動域制限が残る可能性があることです。

いずれ痛みが時間の経過とともに落ち着くことはあっても、その長い期間のうちに固まってしまった関節は、元の滑らかな動きを取り戻すことは難しいです。7年後に35%(三人に一人以上)に痛みが残ると言われています。治ったと思った1年後に再発される方も多いです。

この悪循環に陥る前に、はぐくま整骨院へお越しください!

おひとりおひとり原因が違います。おひとりおひとりの状態に合わせて、しっかりと身体をみさせていただきます。

四十肩・五十肩の原因は?

肩こりを放っている方。デスクワークや同じ姿勢でいることが多い方。運動不足・何もしなくても痛い場合は、筋力低下も考えられます。

1、肩回りの筋肉の緊張

肩甲骨についている棘下筋、棘上筋、前鋸筋、広背筋などの筋肉に負荷がかかります。棘下筋腱は肩甲骨側から上腕骨に付着しており、肩関節を外旋(腕を外向きにひねる)する役割があります。前鋸筋は肩甲骨を前に押し出す作用があります。これらの肩回りの筋肉がガチガチになると肩の可動域が悪くなると考えられます。

2、頸椎(首の骨)のゆがみ

頚椎のゆがみが腕の上がり具合に影響します。五十肩の方の頚椎は、特に第五・第六の骨がゆがんでいる方が多いです。この場所にゆがみがあると、腕を上げるときに引っかかります。首のゆがみを調整することで肩が楽になりやすくなります。

3、指の捻れ

手の指、特に小指側の骨のゆがみも肩に影響します。小指のねじれを正しますと肩が上がりやすくなります。

4、血行不全

体のゆがみから肩に負担がかかって、血行不良になると、脇の下のリンパに老廃物がたくさん溜まり肩周辺の筋肉がかたくなって四十肩(五十肩)を引き起こすことがあります。四十肩(五十肩)になってしまってからも、脇の下にあるリンパをもみほぐすことで、肩周辺の筋肉をほぐし、老廃物が流れることで早い回復が期待できます。

【四十肩・五十肩の治療はタイミングが大切です!】

〇急性期・・・痛み出して一か月以内

大人しく安静にする(この時期整骨院来ることポイント!

↓適切な対応が遅れると・・・

〇拘縮期・・・1~12か月。筋肉や関節が硬くなっていく時期※夜間痛がでることが多いです。(夜に肩がうずき、とてもつらいです。)

痛くならない程度に動かす(夜間痛が出ると回復までに少し時間がかかります)

さらに適切な対応が遅れると・・・

〇慢性期・・・12か月~。痛みが少し和らぎ始める時期。四十肩・五十肩は放っておいても時間がたったら痛みがなくなると言われていますが、一番怖いのは機能障害が残る可能性が高いことです。そのまま肩の可動域が悪いまま生活をしていると、また再発したり他のところに痛みが出てきたりします。

はぐくま式四十肩・五十肩専門施術の流れ

①問診

「どのようなお悩みなのか?どのような四十肩・五十肩なのか?」おひとりおひとり状態が違うためきめ細かい問診をしていきます。

②状態・原因の確認

生活習慣(立ち方・座り方・体の動かし方など)や食生活がお身体に負担をかけていることも多いです。まず「どれが原因なのか?」を明確にするためにお身体の確認をしっかり行います。

③施術

はぐくま整骨院・整体院の施術は無理やり動かしたり、強く動かしたりはしません。今の状態に合わせた適切な施術を行っていきます。肩以外の原因となる筋膜の調整をしていくので、これで良くなるのと思われる方もいますが、終わった後の確認で実感される方がおとんどです。※バキバキすることもありません。

④今後気を付けること

お身体の早い回復を目指して、普段の食生活やお家でのケア・気を付けることなどを丁寧にお伝えいたします。

よくいただく質問Q&A

Q.治療は痛くないですか?

A.無理に動かしたりバキバキしたりしません。今の肩の状態に合わせて丁寧に施術していくので安心してください。

Q.どれくらいの通院が必要ですか?

A.状態により異なりますが、症状が出てから早めに来られている方は、6回~12回くらいの通院でほとんどの方が日常生活に支障が出ない程度に回復しています。※肩状態が悪くなってから来られる方はもう少しかかる場合があります。

Q.治療時間はどれくらいですか?

A.約30~40分です。※初回はしっかりお身体の状態を把握させていただくために、トータル1時間ほどかかります。